日々進歩する技術を取得するために

エンジニアは一般的には技術者と訳されますが、技術者が属している業種を挙げていけばきりがありません。ほぼすべての業種が一定の技術を必要とし、社員として雇うか外注するかは別にしてその技術を扱う技術者の助けを必要としています。例えば、電機メーカーであれば、電気設計や機構設計の技術者が必要でしょうし、ソフトウエアの技術者も必要とします。通信メーカーであれば通信要素技術担当の技師やネットワークの技師も必要でしょう。IT会社であればプログラマーもシステム設計の技術者も必要です。

しかし共通して言える特徴としては、それぞれの技術分野は日々進歩しているということです。進歩が速い分野もあるでしょうし、成熟してゆっくりした進歩になっている分野もあるでしょう。それでも、いずれの分野であれ、技術者として完璧になるということは不可能でしょう。自分自身が成長を続け新たな技術進歩を吸収して行かなければ、自分が陳腐化してしまうという特徴があるのです。そう考えると、エンジニアが転職を考える戦略が見えてきます。自分が属している業種に関する新しい技術を吸収してキャリアアップを図るために、同業他社に転職するのが有効な戦略になるということです。転職をしようという動機は様々でしょうし、仮に現在の職場に不満がなかったとしても、キャリアアップのために職場を変えるということについて、技術者は真剣に考えることが必要かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>